Home > 生活環境保全薬品 > 土舗装用固化剤

生活環境保全薬品

土舗装用固化剤

土舗装とは・・・

夏場のアスファルト・コンクリートの反射熱輻射熱はよちよち歩きの赤ちゃんの頭の高さで最も暑くなります。

土舗装は、

・ 照返し熱を軽減し空間を涼しくします。

・ 土を固化しているので下層も浸透し固めてしまうため目地・クラックから雑草が生えにくくなります。

・ 現場の土を固めますので建設残土の発生を抑えられます。

土舗装とは

土舗装用固化剤

固化剤 DT-S

主成分 ヒドロキシカルボン酸 他
性状 液体
安全性 人体に無害・微臭
使用用途 建設汚泥などの現場の土を土舗装として固化させる
薬品
・バインダーはセメントを使用する
特徴 ・セメントだけでは固化できない土などの小さい粒子
 も固化させることが可能
・硬化段階でポーラス形状(多孔質体)を形成する
 ので製品(RC)の透水性が良い
・水で5倍希釈して使用するので経済性が良い
・下層打設面と固化融合層を形成するので目時から雑
 草が生えにくくなる
・夏場の照返し反射熱・輻射熱が軽減される
使用方法 セメントと同時添加しミキサーで混練

使用事例


稲佐山音楽堂

観客席スペースは土舗装。
照り返し反射熱から観客を守っている。

稲佐山音楽堂

ステージ前 広いスパンで打設。
目地、クラックからは雑草が生え
ない。

稲佐山動物公園

土舗装の遊歩道。
照返し温度に配慮している。

稲佐山動物公園

土舗装の遊歩道アップ。
クラックから雑草が生えていない。

桜の里

土舗装の遊歩道。
土のような感触を楽しめる。

桜の里

インターロッキングから雑草が生えている、手前土舗装。

桜の里

クラックからは雑草が生えていない。

桜の里

植木方向からクラックが入っているが植木の雑草が及んでいない。

長崎市役所隣 桜町公園

土舗装の遊歩道。

長崎市役所隣 桜町公園

御影石を挟んで土舗装。
舗装 照返しとデザインを重視。

長崎市役所隣 桜町公園

御影石のポールとの一体感。
固化剤の作用でコケが生えている。

長崎市役所隣 桜町公園

金属製ポールとの一体感。

長崎市役所隣 桜町公園

石垣との一体感。
固化剤の作用でコケが生えている。

長崎市役所隣 桜町公園駐車場

車内上昇温度を軽減する為の考慮をしている。